menu

Media

知っておきたい!片頭痛のチェック方法

東京都世田谷区下北沢のパーソナルトレーニングジム

One and onlyの佐々木です。

 

連日に渡り、頭痛に書いてきましたがこのブログで一時ネタを変えていきたいと思います。

 

偏頭痛の特徴

・片側、両側のこめかみがズキズキと痛む

・4−72時間続く

・ひどいと吐き気がしたり光や音に過敏になったりする

・思春期や若い世代の女性に多い

・加齢に伴い軽症化する

 

 

偏頭痛の症状とは

軽症の場合月に1−2回ひどい場合は週に2−3回頭痛が起き、身体を動かせば痛みが増強されます。

ひどい場合、吐き気が出たり光や音に過敏なっていたりする為、静かな場所を好む傾向にあります。

 

偏頭痛では、よく下記の様な前兆が現れます。

・チカチカするものが見える

・ふらつき

・腕や足の脱力

・喋りづらい

などが挙げられます。

この中でも特に目に関する前兆は偏頭痛の特徴的なものです。

 

 

偏頭痛の原因とは

視覚(見る)、聴覚(聞く)、筋活動(体を動かす)などにより脳に電気刺激が伝わります。

脳全体に電気刺激が伝わると一部の機能に一次的な障害が起こります。

これによって頭痛前の様々な症状が引き起こされます。

 

頭痛自体は脳神経である三叉神経という神経が刺激されることによって起こります。

※この三叉神経という神経は顔の感覚を脳に知らせる神経です。

 

このほかにも睡眠不足、ストレス、偏食、長時間の空腹などによっても引き起こされます。

その他にも強い匂いの刺激(自分自身の苦手な匂いは特に)でも引き起こされる為、頭痛がひどい方は匂いの強いものは避ける様にしましょう。

また、血管が広がって偏頭痛が起きると言われていますので、頭痛中の運動は避けましょう。

 

 

 

 

← 記事一覧に戻る

Reservation

<ご予約方法>

One and Onlyでは、お客様のご都合の良い時間に合わせ、トレーニングを行なっております。
下記のいずれかのボタンより、ご予約を行ってください。