menu

Media

頭痛はストレスから?簡単に解消できる方法を解説

東京都世田谷区下北沢のパーソナルトレーニングジム

One and onlyの佐々木です。

 

春は、新生活が始まり機構も安定しないため、心身ともにストレスを感じてしまいます。

ストレスから頭痛につながる方も多くいらっしゃるかと思いますので、簡単に軽減できる方法を覚えていきましょう。

 

ストレスと頭痛の現状

マイナビニュースの調査ですが、約700人中の84%の人がストレスを感じると答えています。

特に人間関係でのストレスを感じると答えた方は50%以上です。

これほどまでにストレスを感じている昨今ではストレスによって頭痛やそのほかの不調に繋がっています。

 

ストレスとは

ストレスとは外部から刺激を受けた際に受ける緊張状態のことです。

外部からの刺激とは

・天候や騒音などの物理的要因

・病気や睡眠不足などの生物学的要因

・薬品、添加物などの科学的要因

・不安や悩みなどの精神的要因

 

この他にも恋愛、結婚、進学なども外部刺激になります。

適度な緊張状態がある事で、身体がよく動いたりやる気が出たりといいことがありますが、過度な緊張が身体にダメージを与えて不調を生み出していきます。

 

下記の写真は見て、揺れて見える方はストレスを感じていると言われています。

 

 

ストレスによる身体への悪影響

◇身体に与える影響

頭痛、腹痛、吐き気、疲労感など

 

◇精神に与える影響

憂鬱、不安定、無気力など

 

◇行動に与える影響

乱雑、集中力散漫、ぼんやりとするなど…

 

これら以外にもかなり多くの悪影響があります。

 

簡単にできるストレス解消法

①15−20分間の入浴を心がけましょう

ストレスが溜まっている状態では先ほど記載したようにいろいろな面での不調が現れます。

そこで十分に身体が温められる入浴がオススメです。

身体が温まることで副交感神経が優位になり、身体がリラックスします。

 

また、体温が下がる際に眠気を感じるため、寝る30分前ほどに入浴すると寝入りの悪い方でも良く眠れるようになります。

 

②8時間以上の睡眠を取りましょう。

睡眠している間に身体や脳を休ませ、感情の処理など行っています。

そこでしっかりと睡眠をとることでストレス解消に繋がります。

しかし、睡眠が不足している場合は身体や脳が十分に休めていないため、よりストレスを感じてしまいます。

 

睡眠時間が取れない方も多いかとは思います。

そこで少しきつめの筋力トレーニングを行うことで睡眠の質が向上するため睡眠時間が取れない方は30分でもいいので、きつめの筋力トレーニングを行ってみましょう

 

③5分間の瞑想をしてみましょう

瞑想というと何も考えてはいけないと思う方も多いかと思いますが、目をつぶってその時に出てくる考えを自由に巡らせておけばいいのです。

できれば20分間ほど行うのがベストですが、時間がない方は5分で十分です。

 

瞑想はストレスの解消だけでなく集中力や記憶力が上がったり不安が解消したり、幸福感が得られたりします。

← 記事一覧に戻る

Reservation

<ご予約方法>

One and Onlyでは、お客様のご都合の良い時間に合わせ、トレーニングを行なっております。
下記のいずれかのボタンより、ご予約を行ってください。